トレンド・季節

美肌菌とは?補えないの?髭剃れないの?脱毛しないとだめなの?

先日ある有名なテレビ番組で”美肌菌”の紹介がされており、直後からSNS上にはいろいろな投稿が飛び交っていました。

そこで今回はSNSで見つけた”美肌菌”についての疑問や質問に勝手に簡単に答えていきます!

もしかしたらあなたの疑問にも勝手に答えているかも…?

”美肌菌”の質問解決コーナー

Q1.”美肌菌”ってなに?

ちゃんとした定義があるわけではありませんが、一般にこれは「表皮ブドウ球菌」のことを指していると考えられます。

表皮ブドウ球菌とは皮膚に住む、”常在菌”と呼ばれるものです。

(以下美肌菌のことを表皮ブドウ球菌として解説していきます。)

皮膚の常在菌について

皮膚には多くの常在菌がいるといわれていますが、その中でも特に代表的なのが「表皮ブドウ球菌」、「黄色ブドウ球菌」、「アクネ菌」の3つです。

表皮ブドウ球菌は汗や皮脂をグリセリンや脂肪酸に作り変え、肌を弱酸性に保つ作用と肌の潤いを保つ作用があります。いわゆる善玉菌です。

黄色ブドウ球菌は皮膚がアルカリ性に傾くと増殖して肌トラブルを引き起こします。いわゆる悪玉菌です。

アクネ菌は皮脂をプロピオン酸や脂肪酸に作り変え、肌を弱酸性に保つ作用があります。しかし皮脂分泌量が増えたり、毛穴がふさがったりすることで過剰繁殖し、ニキビをつくります。いわゆる日和見菌です。

これらの常在菌は通常は互いにバランスをとっていますが、このバランスが崩れると肌がアルカリ性に傾いたりバリア機能が弱くなったりして肌トラブルの原因となります。

Q2.”美肌菌”は人からもらったりして補給できないの?

残念ながら菌そのものを補うことは現実的ではありません。というのも”美肌菌”を他人の肌に移す過程で菌が弱って死滅してしまうからです。

そのため基本的には自分の美肌菌(表皮ブドウ球菌)を増やす努力が必要です。

海外では他人の常在菌を移植する研究などが行われているので、もしかしたら近い将来”美肌菌”の移植が可能になるかもしれませんね。

Q3.毛を剃ると”美肌菌”が減るなら髭も剃れないのでは?

結論から言うと剃り方次第ではあります。”美肌菌”は肌の一番上の部分である角質層に住んでいます。そのため角質層を削るような剃り方、すなわちカミソリなどで剃る場合には気を付けなければなりません。

電気シェーバーの場合はあまり肌を傷つける剃り方ではないため、”美肌菌”の減少についてはあまり心配する必要はありません。

髭や顔の産毛をカミソリで剃る方はなるべくジェルなどを使って剃るときに肌への負担がないように心がけてください。

ちなみに理容店などで顔のシェービングをやってもらう方も少なくないと思いますが、これも頻繁に行わなければ問題ないですし、むしろピーリング効果が期待出来て逆に美肌に近づきます。

→ピーリングとは?

Q4.毛を剃るのが良くないのなら結局男女問わず脱毛するしかないの?

これも程度によります。Q3でも述べましたがそもそも毛を剃ること自体が悪いのではなく毛の剃り方が問題なので、必ずしも脱毛して毛を剃らないようにするべきかというとそうではありません。

ただ脱毛をすることで少なくとも毛を剃ることによる肌への負担は減り、また毛を剃る時間が節約できるので個人的に脱毛はおすすめです。

→脱毛についてもう少し詳しく

まとめ

簡単ではありますがSNSで見かけた”美肌菌”に関する疑問・質問に勝手に答えてみました。

質問ではありませんが、”美肌菌”という名称がかなり胡散臭いという投稿も多くありました。本来はこういった通称を用いる場合は必ずそれが何を指しているのかを明示するべきですが、あの番組では特に説明がなかったところに問題があるように思います。

とはいえ確かに”美肌菌”は美肌を目指すうえで欠かせないものではありますので、この記事を参考に”美肌菌”への興味関心が高まってくれたら嬉しいです。