スキンケア

【冬のスキンケア】男性が乾燥する季節にやるべきスキンケアは

「冬は乾燥する」とよく言いますよね。乾燥すると火事が起こりやすいといった危険もございますが、肌にとっても非常に危険です。そして意外にも女性より男性の肌の方が乾燥は大敵なのです。今回はその理由と対処法について見ていきましょう。

(この記事は顔の乾燥に特にフォーカスを当てた記事となっていますのでご了承ください。)

そもそも肌の役割とは

乾燥がもたらす肌への悪影響を知るために、まずは肌の役割をおさらいしましょう。

そもそも肌というのは外的刺激から身を守るためのものです。例えば物理的刺激からはその弾力性が、水などの液体からは皮脂などの油分を中心とした肌の保護膜が、紫外線をはじめとした光からはメラニンなどの色素が肌を守ってくれています。

これらは減少すると通常は補充されるもので、例えば紫外線にあたりすぎればメラニン色素が増加し肌が黒くなりますし、油分が少なくなれば皮脂の放出量が増加します。また水分量と油分量については健康な肌であればお互いに適切なバランスをとっています。

乾燥がもたらす悪影響とは

ではなぜ乾燥が肌にとって悪影響なのでしょうか。乾燥によって引き起こされる主なトラブルを見ていきましょう。

皮脂の過剰分泌

いわゆるインナードライというやつです。例えば洗濯物がカラッと晴れた日によく乾くように、外気が乾燥すると肌の水分は外気に放出されやすくなります。

すると少なくなった水分が体内から補われる…のかと思いきや、それよりも真っ先に行われることがあります。それは皮脂(油分)の放出です(水分を補ってもまた外に放出されてしまっては元も子もありませんので、まずは水分を放出させないためのバリアが張られる、というイメージ)。

皮脂は肌を守るうえで不可欠なものではありますが、多すぎると酸化して毛穴の黒ずみの原因になったり、角質層の肥大化や毛穴のつまり(ニキビ)を引き起こします。

このパターンは皮脂のせいで一見すると脂性肌っぽく、乾燥してるようには見えないため、間違ったスキンケアをしがちです。

肌のかさつき

上で述べた皮脂の過剰分泌とは逆のパターンです。つまり皮脂の分泌量がもともと多くない人や年齢を重ねて皮脂があまり出なくなった方はこのパターンになりやすいです。

また、実は肌内部はそこまで水分が失われておらず、肌表面だけがかさついている、というパターンの人もいます。

これはどういうことかといいますと、人間の肌の弾力性を維持している素材、コラーゲンは水分の貯蓄も兼ねています。

健康な肌ではコラーゲンなどによって水分が豊富に貯蓄されていると、一時的に外気の乾燥によって肌表面がかさついたとしても肌内部までは乾燥が生じていないがために、肌のシステムは皮脂の分泌による水分の保持をしようとはしないわけです。

肌質の変化

季節やアレルギーによって肌質が変わってしまう人は意外といますが、冬の時期に特に多いのは敏感肌への変化です。乾燥によって水分の減少や油分の増加などが起こると、肌の調子にムラが出てしまい、それゆえ多少の刺激でも肌トラブルが起こりやすいです。

加えて冬の場合は「寒さ」によっても刺激に敏感になりやすいという特徴があります。

(ちなみにここでいう刺激とは最初のほうに述べた外的刺激と同じ物理的刺激や紫外線などの光学的刺激などです。)

ターンオーバーの乱れ

ターンオーバーとはいわば肌の生まれ変わりであり、健康的な肌であれば1か月程度の周期で規則正しく行われます(個人差あり)。

しかし上記で述べたような肌トラブルが起こると角質層に問題が生じることが多く、物理的にターンオーバーが乱れやすくなります。

また肌質の変化等によるストレスの影響はやはりターンオーバーの乱れの原因となります。

男性の乾燥対策とは

まず最初に知っておいてほしいのは、単なる女性の真似ではいけない、ということです。

なぜかというと男性は女性より皮脂の分泌量が多い人が多いというのは経験則的にご存知かと思いますが、肌の水分量は一般に女性より男性の方が少ないという特徴があります。

これはつまり男性の肌質は女性とはやや異なっており、乾燥による肌トラブルはより生じやすい、ということです。ではどのような対策をすべきでしようか。

乾燥する冬に男性がやるべき4つ(+α)の対策

1.保湿

まずは当然ですが乾燥させないことが重要です。そこで必要なのは油分系の保湿クリームです。

皮脂が過剰になってしまう人も反対に肌がかさついてしまう人ももとを正せば肌の水分量の減少が原因となっているため、油分のバリアを補うことで水分量を減らさないようにしましょう。

おすすめは皮膚科などの医療機関でも処方される、ヘパリン類似物質配合の保湿クリームです。保湿力が高いため薄塗りでも十分に保湿ができますし、肌へのなじみも非常に良いです。

【ヘパリン類似物質 配合】保湿クリーム かきむしり 薬用 ヘパインクリーム フェイスクリーム(顔 からだ用 ハンドクリーム ボディクリーム) ヘパリン類似乾燥 手荒れ 肌あれ皮膚 皮フ粉ふき 潤い うるおい 肌荒れ 高保湿 あれ性 日本製 顔 無香料 ウルンラップ

価格:1,480円
(2019/11/2 23:21時点)

ほかのヘパリン類似物質配合保湿クリームを楽天で探す

もし可能であれば油分系の保湿クリームの前に水分系の保湿ジェルを使って二重のバリアにするとより効果的です。

おすすめは以前記事でも紹介したナチュリエのハトムギジェルです。こちらの商品は非常にコスパが良くオールシーズンで使えるので1個は常備しておいて損はないと思いますよ!

イミュ ナチュリエ スキンコンディショニングジェル ハトムギ保湿ジェル (180g)

価格:749円
(2019/11/3 14:38時点)

 

2.ピーリング

ピーリングとは肌の角質層をケアすることで、ターンオーバーを正常化したり古い角質を落としてニキビなどをできにくくする効果があります。

すなわち乾燥によって生じる肌トラブルを半強制的に改善することができるわけです。自宅で行うこともできますが、リスクもあるため不安な方は専門の医療機関でやってもらっても良いかと思います。

ただし注意点としては、ピーリングを行うと一時的に角質層が取り除かれて肌が非常に乾燥しやすくなるため、ピーリング後の数日は特に念入りに保湿してください。

ピーリングについてはこちらの記事も参考にしてください。

3.生活習慣の改善

市販の化粧品は角質層以上への成分の浸透が法律上できないため、外からの対策は限界があります。そこで重要なのは体の内側からのアプローチです。

例えば食事について、ビタミンなどの栄養素を摂取して肌の免疫機能等を保ったり、脂質の摂取を控えることで皮下脂肪の増大と皮脂の過剰分泌を抑えるといったことができます。(→美容におすすめのサプリメントの記事はこちらから

また睡眠や運動はターンオーバーを正常に保つ働きをしてくれます。

これらは冬に限らずオールシーズンで必要なことなので意識して取り組みましょう。

4.洗顔

顔を洗うと一時的に肌が乾燥するため、冬場は朝は顔を洗わないという方もいるようですが、肌トラブルの原因となる顔の汚れを落とすためにも朝、晩の2回しっかりと顔を洗いましょう。洗顔後素早く適切な保湿を行えば乾燥はほとんど起こらないです。

ちなみに男性向けの洗顔料はお店で売ってるものは特に保湿よりも皮脂を取り除くことに特化しているものが多く、乾燥する冬場向きではありません。

おすすめの洗顔料はいくつかありますが、多くの男性に支持されており、かつ保湿ができるという点ではバルクオムの製品がお勧めできます。

(画像をクリックで公式サイトにいけます)

 

またクレンジングは特に乾燥による皮脂の過剰分泌が起こる人にお勧めです。

男性は化粧の習慣がない人が多く、それゆえ洗顔のときにクレンジングを使う人も多くありません。

しかしクレンジングは化粧だけでなく、洗顔料のみに比べてはるかに効果的に皮脂を落とすことができます。加えて毛穴の汚れなども洗顔料のみに比べて格段に落ちやすくなるので、毛穴の黒ずみやニキビなどの吹き出物に困っている方にもお勧めできます。

クレンジングは複数のタイプがありますが、化粧を落とすことを考えないのならば比較的肌に優しく、またニキビなどの肌トラブルが起きにくいノンオイルタイプのものが良いでしょう。

ノンオイルのクレンジングを楽天で探す

+α

直接的な対策ではありませんが、肌の状態を測定するのも強くお勧めします。

例えば脂性肌なのかそれとも乾燥による過剰な皮脂分泌なのか、ということは外から見ただけではかなりわかりにくいため機械等で肌の水分量を測定する必要があります。

最近は皮膚科等の医療機関や美容サロンなど、肌の状態を測定できるとこは増えていますが、単に測定するだけであれば簡易的な家庭用スキンチェッカーというものも市販されており、こちらのほうがお手軽でしょう。

スキンチェッカー【美ルル スキンチェッカー】肌チェッカー 肌診断 肌測定 肌質 水分量 油分量 ハリ 弾力 うるおい チェック スキンケア 美肌【送料無料】belulu skin checker

価格:2,980円
(2019/11/3 15:02時点)

おまけ…化粧水による保湿ってどうなの?

もちろん化粧水も必要ではありますが、薬事法により全ての市販化粧品は角質層以上への浸透は出来ません。そのため化粧水はあくまでも一時的な保湿効果ができるものと覚えておきましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。乾燥による肌トラブルについてその原因と対策法を知っていれば今年の冬も無事に乗り越えられると思います。男性は皮脂のせいで乾燥肌の自覚がない人が予想以上に多いです。もしかしたら自分も…と当事者意識をもって一度丁寧に肌の状態を確認してみてくださいね。

RELATED POST