メンズメイク

【2分でわかる】メンズメイクがばれる原因と対処法をざっくりと

今回は、メンズメイクについて多くの男性が気にしているであろう「メイクバレ」を防ぐために、その原因と対処法をざっくりとまとめました。

どんな原因でバレるのか

メンズメイクがバレる原因は主に以下の4つです。

  1. 不自然な色味
  2. 肌表面の不自然な質感
  3. 衣服等に付いたとき
  4. 隠すような行動

肌の不自然な色味

自分の地肌の色とずれた色のBBクリームやファンデーションを使うとメイクをしていない部分との不自然な色味のズレが生じてメイク部分だけ目立ってしまいます。

これを防ぐために、男性の場合は「黄色味のある茶色」、すなわち黄土色がベースとなっているカラーのメイク道具だと地肌に合って目立ちにくくなることが多いです。

また、ファンデーションやBBクリームを顔にのせる際には一部分だけでなく顔全体に塗り広げるようにしましょう。

肌表面の不自然な質感

これは特にBBクリームのみを使った場合に顕著になるのですが、きれいに塗り広げることを意識しすぎてのっぺりとした肌になってしまいバレることがあるようです。

また朝は良くても、昼過ぎや夕方ごろに皮脂で変に肌がテカったり、反対にメイクが乾燥して”割れ”を起こすことによってバレることも少なからずあるようです。

より自然な質感を作り、それを維持するためには、パウダータイプのファンデーションを重ねたり、日中にメイク直しを行いましょう。

衣服等にメイクが付いたとき

例えばワイシャツの襟などはメイクが付きやすく、そしてそれを見られてメイクバレするというのは意外とあるものです。このご時世だとワイシャツよりもマスクにメイクが付きやすいですね。

メイクを行っていく中で、衣服などに多少なりメイクが付くことはなかなか避けることが難しいですが、例えば「フィニッシュパウダー」などを使うことで、衣服にメイクが移りにくくなります。

フィニッシュパウダーなど知らんわ!という方はベビーパウダーで代用するのもありです(コスパも良いのでおすすめです)。

隠すような行動

これは特にメイクを始めたばかりの人に多いのですが、ばれてないか不安になってしまってついついメイクを隠すような行動をしがちになります。

隠したくなる気持ちは痛いほどわかるのですが、「いつも通りでない」というのは他人からは非常に”目につく”ため、できるだけ堂々としていたいものです。

また、「色味の合ったメイク道具」で「薄くメイク」をするという「メンズメイクの基本」ができていれば、近距離から注視されない限りは普通バレません。

(もしこれでバレた場合にはそもそもメイクの塗り方が下手だったか、相手がよほど観察力に長けていたのだと思いあきらめましょう。)

メンズメイクの基本を押さえよう

直前で述べたように、バレないメンズメイクの基本は

色味の合ったメイク道具で薄くメイクをする

です。

メイクを相手に悟らせないためには、いかに自然な肌の質感に見せるかというのが最大のポイントになりますので、この基本は確実に押さえるようにしましょう。

まとめ

メイクをバレたくない男性は多いと思いますが、ポイントさえ押さえれば格段にバレにくくなります。

とはいえいつの日かメンズメイクが当たり前、メイクを隠さなくてもいい世の中になってほしいですね。