スキンケア

【徹底解説】日焼けにより黒くなった肌を早期改善するためのおすすめの方法!

夏が終わると気になるのは日焼けした肌。今年は「マスク焼け」なんて言葉も聞かれました。日焼けした肌は健康的に見えますが、美容好きであればやはり日焼けして黒くなった肌は早めに元の肌色に戻したいですよね。

そこで今回は日焼けして黒くなった肌を早期に改善するため、筆者おすすめの方法を徹底的に解説いたします。簡単に取り組むことのできるものばかりですので、ぜひ実践してみてください。

日焼けして肌が黒くなる理由は?

方法だけ早く知りたいんだ!という方は飛ばしてください。

これから述べる日焼け肌への対処法を理解し身につけるためにも、まず日焼けにより肌がどうして黒くなるのか、ということを知っておくとよいでしょう。

詳しく解説してあるサイトはたくさんあるので、ここでは要点だけ説明します。

①メラニンは紫外線から肌を守る防衛システム

基本的に紫外線というのは肌にとっては害悪です。肌が紫外線を感知するとチロシンという物質が酵素反応やら酸化反応やらで黒色色素のメラニンに変化します。

メラニンは紫外線を吸収することで紫外線から肌を守ってくれます。

②肌が黒くなるのはメラニンの過剰生成が原因

紫外線をたくさん浴びることで、肌を守ってくれるメラニンがどんどん生成します。過剰生成されたメラニンは肌にとどまるため結果として肌が黒くなってしまいます。

日焼けにより黒くなった肌を改善するためのポイント

上で述べた肌が黒くなる成因から、日焼け肌を早期改善するのに必要なポイントが見えてきます。それは

  • 紫外線を浴びないようにすること
  • メラニンを作らせないようにすること
  • 肌を新しく生まれ変わらせること(ターンオーバー)

ということです。ではこれらのポイントを踏まえて、さっそく対処法を見ていきましょう。

日焼け肌早期改善の方法

日焼け止め

これ以上日焼けしないようにすることが何よりも大事です。

というのもそもそも肌はターンオーバーによりおよそ1か月で生まれ変わるため、完全に日焼けしないようにしてさえいればやがて落ち着くからです。

そこで大事なのはより効果的な日焼け止めの使い方です。ここで注意するポイントは2つ。

①外に出る30分前までに日焼け止めを塗ること

日焼け止めは肌に浸透して効果を発揮するものですので、この浸透時間をあらかじめ考慮して塗るとよいでしょう。

②こまめに日焼け止めを塗りなおすこと

時と場合によりますが、基本的に高いSPF/PA値の日焼け止めを1回塗るよりも、低いSPF/PA値の日焼け止めを何回か塗りなおすほうがよっぽど日焼け止めとしての効果が期待できます。

日焼け止めを選ぶ際はこの2つのポイントを踏まえて、「手軽に取り扱いやすいもの」を選ぶとよいでしょう。

例えば筆者は普段使い用日焼け止めとして、このポンプ式日焼け止めジェルを使っています。

この製品のおすすめポイントは5つです。

  1. ポンプ式なので簡単に適量をとれる
  2. SPF/PA値も高すぎず低すぎずでちょうどよい
  3. ジェル状なので塗り広げやすい
  4. 塗った後は無色になるので男性にも使いやすい
  5. 値段が安くしかも詰め替え式でコスパが非常に高い

もし日焼け止めを選ぶのに悩んでいる方がいましたら、こちらの製品をぜひ使ってみてください!

スキンケア

日焼けした肌の早期改善には肌を生まれ変わらせるターンオーバーが肝要なのはすでに述べた通りですが、ターンオーバーを促進するための方法としてはピーリングがおすすめです。

ピーリングとは肌表面の角質層を薬剤などで落とす施術のことで、定期的なピーリングは様々な美容効果が期待できます。もちろん自宅でも簡単に行うことができ、例えば次のようなメンズ用のピーリング剤というものも販売されています。

ちなみに次のようなピーリングに使えるタオルというのも販売されています(厳密にはこれはピーリング用ではありませんが)。少々肌への刺激が強いですが、より手軽にピーリングを行うことができます。

ピーリングだけでも早期改善が期待できますが、さらに早く日焼けで黒くなった肌を改善したいならハイドロキノントラネキサム酸など美白成分が配合された化粧品を使うとよいでしょう。

ただし、美白成分は肌に刺激を与える恐れがあるので、日焼け直後で敏感になった肌には絶対に使わないようにしてください。

また一部分だけ脱色されるとものすごく残念なことになるので、塗る際はスポットではなく面で広く塗ることをお勧めします。

食事

食べるものによっても黒くなった肌の改善にかかる時間が大きく変わります。特に今回のような日焼けで黒くなった肌を早期に改善するためにおすすめなのは、タンパク質ビタミンCです。

タンパク質は身体を構成する主成分で、もちろん肌を構成する主成分でもあります。ターンオーバーで新しい肌を作るのにタンパク質が使われるため、積極的に摂取するようにしましょう。

おすすめはナッツや豆類です。良質な植物性タンパク質が豊富なことはもちろん、不飽和脂肪酸やビタミン、食物繊維など美容にうってつけの成分が豊富に含まれています。

ECサイトでは大容量で高コスパのミックスナッツが多く販売されており、特に次のミックスナッツは日本製で味もおいしくおすすめです。

ビタミンCは美容成分とも呼ばれ高い抗酸化作用を持つのが特徴です。抗酸化作用のあるビタミンCを摂取することで黒色のもとになるメラニンを作らせない、また作られたメラニンを還元して淡色のメラニンにするという2つの効果が期待できます。

さらに早く日焼け肌を改善したいならL-システインという成分もおすすめです。いわゆるシミ改善用医薬品にはビタミンCとともに主成分として配合されていることが多く、より高い美白効果が期待できます。

シミ改善用医薬品はハイチオールが有名ですが、ECサイトではクニヒロというハイチオールのジェネリックタイプのような製品があります。筆者はコスパ重視で後者のクニヒロを愛飲しております。

睡眠

睡眠は体や脳の休息、記憶の定着などを果たし、非常に重要な行動の一つですが、美容にとってもそれは例外ではありません。

例えば肌がつくられ、そして生まれ変わるのは主に睡眠中に行われることのため、良質な睡眠をとることは体の状態を整えるだけでなく、正常なターンオーバーにもつながります。

良質な睡眠を得るための具体的な方法はここでは述べませんが、次の本は睡眠に悩む方には非常に参考になると思います。また今睡眠に悩んでない人にとっても一読の価値がある睡眠の良書ですよ!

まとめ

日焼けして黒くなった肌を早期改善する方法とはつまるところ日々のスキンケアの延長線です。そのためもしかしたら人によっては目新しさはなかったかもしれません。

しかし意識して行動をするだけで全く違った結果が得られるので、もし本気で日焼け肌を早期改善したいという方はぜひこの記事で述べた方法に取り組んでみてください!

RELATED POST